2016年04月30日

歌人 長月優が娘のように愛らしい件

      (休みにまとめてブログ更新するのやめような < 自分)

長月優さんという、年若い歌人さんがいらっしゃいましてですね。
SNSを通じて知り合い仲良くさせて頂いてるのですが、ホント娘のように心配だし、可愛らしい。さぞや年寄りとやり取りするのは辛かろうと思うのですが、コチラとしては風が吹けば気になるのですなw(比喩)

彼女の歌人としての実績は益々積まれてゆくだろうし、今こうして交流があるのを将来自慢にしようとTwitterでやり取りした短歌をこちらに転記します。あたくし、姑息です。
タイトルが敬称略になっているのは、アレですな。遠く及ばぬ有名人、文化人をさん付けしないのと同じ方向性。

引用枠は長月優の歌。太字は拙歌。2015年年末個人的に荒んだ心情のなか、親子っぽい歌のやり取りで癒やされました。長月優はいい歌人。
氏が将来プロとして場を移したとき、また推敲などで公開した歌を取り下げる場合はこの記事を削除します。

本棚に長月優の名はひかり取ってくれよとかくも愛しむ

画面からこぶしの花が萌えそれが長月優と気づくまで、風
 https://t.co/7ZJBM2NIEu
 ◆
 ◆
 ◆
ただいまという場所はまだあたたかくこどもに戻って叱られてみる    (長月優)


いつ知らに叱られ方を覚えしか水屋の前のすがたうつくし 

いつの間に弱く小さくなりし手に触れれば冷えて暮れてゆく年    (長月優)


二十歳とは誇らしきこと間隙に訛りの変わる寂しさまでも

ただいまと発声すればそれはもう故郷の音に戻りて響く    (長月優)


いつまでもこの子の母でありたいと日射しのなかで握るててと手
タグ:短歌
posted by きむろみ at 11:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

完走報告(きむろみ)

 題詠ブログ2015、初参加でようやく完走と相成りました。2月から紆余曲折の8ヶ月間でした。

 基本、題詠に合わせイチからつくった歌を奏上しましたが、ストックの中からこの歌を使いたいと思った歌は無理をせず過去作を出しています。数えてはいませんが100首のうち、数首くらい。
 呈された題が難しく力技でこなした歌もありました。恐らく私の歌の欠点ともいえるのでしょう。二文字以上の名詞、副詞、カタカナ、オノマトペ……振りかえるとすべてではなかったかと苦笑しています。
012:おろか、017:画面、027:ダウン、039:せっかく、047:四国、060:孔雀、093:わざわざ
 
 初参加の題詠で完走の目的以外特にテーマを決めて取り組むこともなかったのですが、方言で詠うことと判じ物のできる歌をつくったことは自分にとってこれまでになかったチャレンジになりました。
023:柱  赤く塗り帆柱のごと二本立つ。くぐれば犬か狐に出会う。
058:士  先端の反対側はこけし状、木製。武士の食べもの代わり。
047:四国 別府から四国い見ゆる振り向けばきっと泣くけん海だけ見ちょる

 さまざまな角度からの詠い方は、題詠ブログに参加された方々のブログを拝読することで学びました。参加された方々のブログはおそらく総当たりで拝見してると思います。本当に勉強になりました……。その中でもファンになったのが「有櫛水母」/ 有櫛由之氏。ここでこっそり恋心を呟いたりして。
 返す返すも、10年続いたからこそ題詠ブログの層の厚さと読みごたえは参加してあらためて深く感じたことです。

 けれど。たった一度完走の心が折れそうになったことがありました。
 『ご意見をお聞かせください(来年以降の開催について)』6/30付けの五十嵐きよみさまからの記事。
 「来年以降も続けてほしい」に一票投じたあと、「ぽきり」と、本当に耳元で音がしたように歌の根が絶えてしまいました。最初は幼子のように単純に思っていたんです、続けてほしいと。

 「続けてほしい」と願うのは参加するものの勝手。これまで10年を支え継続してきた主催者の、これからあと何年になるか判らない年数を「続けて」で縛るのも参加者。果たしてそれでいいのか。主催者が題詠ブログに割いた10年の時間で出来たことと出来なかったこと、それと、今後題詠ブログを続けたとしたら出来なくなること――主催者のモチベーションを支えられるだけの盛会を、参加者自身がつくれるのか。
 そう考えると、10年の重さがとても重くて。記事に恨みごとひとつも書かない主催者:五十嵐きよみさまの誠実さが、とてもせつなくて。
 あっけなく一票を投じたことが恥ずかしくなりました。

 ともあれ。この秋までには走り切るつもりでいた題詠を走り通し、感想を報告できることを悦びに思っています。拙ブログの完走が主催者の小さくも喜びになりますように、願ってやみません。

 憧れの笹井宏之さんも参加した題詠ブログで私も走れた。嬉しい。ありがたい。
 主催者の五十嵐きよみさま、遅きに失する挨拶ではありますが。
 題詠ブログ2015、開いていただいてありがとうございました。このご縁に感謝申し上げます。
タグ:短歌
posted by きむろみ at 00:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

TB練習と題詠ブログリンク

トラックバックは久しぶり! 詠めるかな、よみたいな。

トラックバックの練習

題詠ルール
題の詠み込み方

投稿の仕方

お題リスト
100題一覧はこちら
タグ:短歌
posted by きむろみ at 10:54 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。