2015年09月13日

題詠まとめ081〜100

題詠100首のラストラン、20首。
ゆっくりと詠う予定ではありましたが、6月以降ふつりと「つくれない病」が生じ、不穏な空気にもなりました。合間にネットプリントの企画に参加したりなど細々と詠うことを諦めず、ようやくの完走を見ることになりました。さて、少しは人間も歌も成長したや否や。
086は敬愛するオンライン小説家麻生新奈さんの作品タイトル「烏珠闇降下紅花巫女」をお借りしたもの。
091はネットニュースで見かけたニシキヘビ災難のニュースについて。094は中島みゆきの「エレーン」から。
100は願われる流れ星の身になって^^。
---------------

081:付 
取り取りの付箋を貼って読み終える本に極楽鳥が現る
082:佳 
人に土ふたつで「佳い」と読み人のあゆみ始めは星に吸はれる
083:憎 
愛ってば憎々しいの含んだり、跨ってたり、したり、するよね
084:錦 
けんけんぱ、越えてゆくのは手立てでしょう錦帯橋の丸い背に乗り
085:化石 
自意識は化石のように頑なで寂しい人とブランコを漕ぐ 
086:珠 
「烏珠闇降下紅花巫女」てふ読みものの美しき
(「ヌバタマノヤミヲオリユクベニノハナミコ」てふよみもののうつくしき)  
087:当 
私から剥ぎ取るものに当然のごとく私が含まれること
088:炭 
燃えさしの炭で描けばどの山も太郎眠らす冬の尾根なり
089:マーク 
あざやかな若葉マークがこちら向きこと問う本のかたちしている
090:山 
合はせ着てまた分かれ行く袖だにも背縫ひの山の知らずとも越ゆ
091:略 
「ニシキヘビ、ヤマアラシを飲み込んで死ぬ」略せられしかヤマアラシの死
092:徴 
きっと死ぬ徴をひとつ得て昼の診察室を晴れ晴れと出づ
093:わざわざ 
歌うのだざわざわざわと七月の瑞穂の海が 耳たぶ光れ
094:腹 
吸って吐くただそれすらも苦しげに蛇腹楽器は「エレーン」うたう
095:申 
万有に働くと云う引力は申し分なく恋を裏切る
096:賢 
臆病を取り柄と決めて五年(いつとせ)を賢く生きるはずの迂愚なり
097:騙 
騙された怒りもて剥く烏賊二杯シンクに落ちる余熱の蒼く
098:独 
まだ知らぬ独りになれる場所があり知らぬ誰かが訪ねてたりする
099:聴 
さようなら聴こえる人に手を振れば遠くのきみに届くおはよう
100:願 
「いつまでも願いかないませんよう」と流れる星は願うのでした
タグ:短歌
posted by きむろみ at 23:55| 題詠まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする