2016年04月30日

歌人 長月優が娘のように愛らしい件

      (休みにまとめてブログ更新するのやめような < 自分)

長月優さんという、年若い歌人さんがいらっしゃいましてですね。
SNSを通じて知り合い仲良くさせて頂いてるのですが、ホント娘のように心配だし、可愛らしい。さぞや年寄りとやり取りするのは辛かろうと思うのですが、コチラとしては風が吹けば気になるのですなw(比喩)

彼女の歌人としての実績は益々積まれてゆくだろうし、今こうして交流があるのを将来自慢にしようとTwitterでやり取りした短歌をこちらに転記します。あたくし、姑息です。
タイトルが敬称略になっているのは、アレですな。遠く及ばぬ有名人、文化人をさん付けしないのと同じ方向性。

引用枠は長月優の歌。太字は拙歌。2015年年末個人的に荒んだ心情のなか、親子っぽい歌のやり取りで癒やされました。長月優はいい歌人。
氏が将来プロとして場を移したとき、また推敲などで公開した歌を取り下げる場合はこの記事を削除します。

本棚に長月優の名はひかり取ってくれよとかくも愛しむ

画面からこぶしの花が萌えそれが長月優と気づくまで、風
 https://t.co/7ZJBM2NIEu
 ◆
 ◆
 ◆
ただいまという場所はまだあたたかくこどもに戻って叱られてみる    (長月優)


いつ知らに叱られ方を覚えしか水屋の前のすがたうつくし 

いつの間に弱く小さくなりし手に触れれば冷えて暮れてゆく年    (長月優)


二十歳とは誇らしきこと間隙に訛りの変わる寂しさまでも

ただいまと発声すればそれはもう故郷の音に戻りて響く    (長月優)


いつまでもこの子の母でありたいと日射しのなかで握るててと手
タグ:短歌
posted by きむろみ at 11:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

#2015ふりかえり短歌

えんどうけいこさん小川けいとさん企画・主催の2015ふりかえり短歌に参加しました。こちらも前記事同様、togetterでまとめさせていただいてます。
コチラ→ http://togetter.com/li/920215
いやあ、一年の三分の一終って、去年のふりかえり――って我ながらどうなんだろう。今年の達成感など一つもないまま春は過ぎてゆくのですねえ。

さてさて。
今年はめっぽう歌を詠む心持ちをなくしてしまってますが、その中でもあがきつつつくった歌とふりかえり短歌を交えて日々の備忘としましょうか。
*************

さみどりの基盤の内に街があり日々千つくる生業の吾

言葉豊かに生きる人らのざわめきを繰り下げて読む静かな朝に

死ぬ前の父やはらかく汗をかき人とふものの承認不要



見づや我がうちなる川を 滔々と呼べどかへらぬ歌の涯を

過ぎてしまえば美しいとはこれからの我の心にきみがないこと

平等に愛は触れつつ真直ぐな傘の中にて溺れ死すわれ

突風に剥がれた屋根の隙間から二月逃げ去り明日は卒業

あるこおる、或るとき凍る言葉あり、雨、軋みつつ雪、に変わる日

本音から云えなくなるよ言わずには居れないものを建前として

グリコから夕暮れせまる帰り道ぱいなつぷるは哀しい調べ
タグ:短歌
posted by きむろみ at 10:51| 企画もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする