2015年04月26日

059:税(きむろみ)

税込みの弔いひとつ賄えり持たざるものの燃やす哀しみ
ラベル:短歌
posted by きむろみ at 19:19| 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

058:士(きむろみ)

先端の反対側はこけし状、木製。武士の食べもの代わり。
ラベル:短歌
posted by きむろみ at 09:13| 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

057:析(きむろみ)

分析をすればするほどすればするほどしなくても分かりあえない
ラベル:短歌
posted by きむろみ at 08:47| 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

056:リボン(きむろみ)

柘榴割れ零れるような微笑みにリボンをかけた女(ひと)でありたい
ラベル:短歌
posted by きむろみ at 01:21| 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。