2015年04月05日

040:清(きむろみ)

耳削いだ古書深海の紙魚になり ことばむさぼる児島清文
タグ:短歌
posted by きむろみ at 16:54| 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

039:せっかく(きむろみ)

せっかくの折り目をそっと撫でながら伸ばせば人も変わるだろうか
タグ:短歌
posted by きむろみ at 01:30| 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

038:読(きむろみ)

ぎくしゃくと木目の匂いさせながら声あげて読む人まで春だ
タグ:短歌
posted by きむろみ at 00:17| 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

037:療(きむろみ)

やわやわと歩かぬ吾子を抱えこし療育手帳の青を踏みつく
タグ:短歌
posted by きむろみ at 13:38| 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

036:バス(きむろみ)

「トイレではなくバスである」厳かに探す薬局洗剤の棚
タグ:短歌
posted by きむろみ at 02:52| 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

035:液(きむろみ)

液状のいのちに肉をつけていく膨らむまでの刹那を愛す
タグ:短歌
posted by きむろみ at 14:08| 題詠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。